情報・・・

今回の原発のことでいろんな情報や噂がかなりたくさん出回っていますね。
実際にわからないことばかりなので絶対に信じられるという保障もなければ絶対に間違っているということも言えず良く判らない・・・。

「直ちに健康に影響は無いレベル」・・・。
必ずといって良いほどメディアで流されていますね。
直ちに影響はない~。ということは、いつかは?ってこと??
素人にはわかりません~。


長女のこと。

長女は大学4年。無事卒業ができ4月からの社会人として、旅立つ準備をしています。

大学4年生、2回目。
単に留年。ほんの少し単位が足りなかった~(留学していたため)。

2回目の4年生は授業は殆どないので留学経験を生かして国立大学の国際寮に入り寮生活を送りながら1年間、RAをやっていました。
RA(Residence assistant)とは、留学生の寮生活をサポートをする学生のことです。
1年間、いろんな国から来ている大学生と一緒に寮生活をし、留学生が快適に過ごせるように企画をし行動をともにしたりと・・・。
パーティーをしたりバスハイクに行ったりスポーツ大会をしたりと
大変なこともありましたが、楽しみながら1年間、過ごしてきたようでした。
3月で卒業、みんなともお別れなのでお別れパーティなどをし、別れを惜しみながら退寮するつもりでした。

しかし今回の災害で今では寮には殆どの人が居なくなってしまいました。

海外から来ている殆どの留学生は自国へ戻るよう指示が出ているとのことです。

原発の問題が起きてからは、寮で外国人に会う度に
「どうなんだ。日本政府 は隠してる。自分の国では全然違うことを言っているよ」・・・ある国の留学生
「日本はもう終わりだ」
「日本は壊滅的だ」
「関東も危ないからはやく国に避難するように・・・と言われている」などなど、どんなに説明しても分かってはもらえないそうだ。
自分も絶対大丈夫という気持ちを持っている訳ではないので仕方がないのかも知れないと。
確かに説得力は無いでしょうね~。
しまいにはRAの人までも西の方へ出かけて行ってしまう羽目に。
実家が西の方の人は、やはり帰りたくなるのもわかります。

娘はまだ数名残っている留学生がなるべく不安にならないように説明したそうです。
でも寮で外国人に会うたびに「危ない!危ない!早く国に帰らないと・・・」という話しばかりで、娘は体調を崩してしまったようです。
自分の部屋に戻ると起き上がれないぐらい気持ちが悪くなってしまったと。。
長女も家に避難してきました。
同じ多摩地区なのでさほど離れてはいないのですが、寮に居て他国の人たちと話しているとやはり原発のことばかり。
あまりにもテレビなどで話している内容と違うらしい。どうしていいか判らなくなるらしい。


確かに遠く離れて留学をしていて、このような災害になると心配でしょうがないですね。
一刻も早く国に帰って来なさいという親の気持ちもわかります。

今でも娘は本当に何を信じていいのか判らないと話してます。もちろんネットではいろんな情報があります。
ネットの情報も国によって違うと。


自分は日本人で家も関東な訳だから現実からは逃げる訳には行かない。
やはり今、自分で出来る限りのことをして日本を信じて4月からの社会人としての準備をして行くようです。

一昨日少しだけ退寮の準備で荷物を運びました。



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。