上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.13 ワルツ♪♪♪
1年半ブリに二女が通っているピアノのお教室のプチコンセール(発表会)があるとのことです。
やっと念願のショパンの曲、お許しが貰えたようです!
小学校のときには、弾きたいと言っても却下されていました。
今回も先生から「何がいい?」と聞かれ「ショパン」と話したら「う~ん。そうねぇ」と・・・。

何と「子犬のワルツ」に決定したようです。
これから練習との戦いになりますが、やっとショパンの曲のお許しが出たので綺麗に仕上げるよう日々精進です♪
二女の行っているピアノの先生は決して背伸びをさせて発表会には出しません。
子犬のワルツは結構小学生で弾く子も多いのですがやはりショパンの曲ですから仕上がり方が大事ですね~。
譜面通りに弾くのなら練習すれば出来るのでしょうが・・・。
気持ちを込めてというところが難しいのかな・・。

ということで子犬。。。。
リープの子犬時代を振り返ってみることにしました。フッフッ!
ガウガウやグルグル走り回ったり壁をカジカジしたり飛びついたり・・・
う~ん、今思うとホントに大変だったなぁ~と。
どんなに、ひいき目に考えてもワルツではないですね。
さながら「子犬の暴走」もしくは「暴走犬のワルツ」って感じでしょうか~★
ワルツで暴走ってどんなかな♪

リープの子犬の頃を考えて弾いたらきっと力強くとっても速いタッチで仕上がりそうです。
イメージを一新できますでしょうか?
どなたか良いお知恵を下さいませ~
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。